1. AGAは横浜の病院で|実績と評判の良いクリニック5選
  2. AGAに関するコラム
  3. ≫これって本当!?帽子をかぶりっぱなしの人はハゲるって噂

これって本当!?帽子をかぶりっぱなしの人はハゲるって噂

帽子をかぶるとハゲるという話を聞いて心配になり、かぶるのをやめたという人もいるかも知れませんがこれは嘘でもあり本当でもあるというのが正解となります。
つまり、かぶり方が悪ければ噂通りハゲてしまうことになりますし、逆に上手に活用をすれば髪や頭皮を守るのに効果的なものとなるのです。

帽子をかぶりっぱなしの人がハゲる理由

まず、ハゲてしまうと言われる理由としては長時間かぶりっぱなしでいることによって、頭が蒸れてしまってそれが頭皮や髪に悪い影響を与えるというものです。
これは間違いではなく、長時間かぶりっぱなしで頭が蒸れるようなことになってしまうと、髪や頭皮に悪影響を与えることになり抜け毛の原因となってしまいます。

次に締め付けの強い帽子をかぶった場合、頭皮の血行が悪くなってしまってそれも悪い影響をおよぼすことになります。
また、きついと毛が擦れてしまって髪の毛自体にもダメージが与えられてしまうので、このようなものはハゲやすいものといえるでしょう。

このようなデメリットが有る一方で、帽子というのは頭を守ってくれる存在でもあるため、効果的に使用をすれば逆にハゲづらくしてくれる相手もでもあるのです。

帽子をかぶることでハゲ防止に繋がる理由

帽子本来の役割としては、暑さから身を守るというものがありますが夏の暑い時期などは日差しが強く頭に熱を帯びやすくなります。
紫外線も直接頭部に受けることになりますから、夏場に何もかぶらずに外を出歩くというのは頭に対してかなりの悪影響をおよぼすことになりますが、ここで頭を保護するものをかぶることによってそれらのダメージを最小限に食い止めることが出来るのです。

冬場は逆に寒さから頭を守ることができます。暑さは頭皮や髪によってよくありませんが、それと同様に寒さも良いものではありません。
頭が冷えてしまうと、血行が悪くなってしまって髪によくありませんし頭皮も乾燥しやすくなってしまいます。
それが引いては育毛に対して悪い影響をおよぼすことになってしまうので、寒い時期は寒い時期でそのままの状態で表に出るのはいいこととはいえないのです。
しかし、そのような時に防寒対策としてニット帽のような保温性の高いものをかぶっていれば、頭を冷えから守ることができ髪にも良いということになるのです。

このように帽子というのははげの原因になってしまうと思っている人もいることでしょうが、それは使い方の問題であり、正しく使えば逆に髪の保護に役立ってくれるので有効活用するようにしましょう。

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。