1. AGAは横浜の病院で|実績と評判の良いクリニック5選
  2. AGA治療に関する情報
  3. ≫AGA治療にかかる費用の目安!月々いくら必要なのか?

AGA治療にかかる費用の目安!月々いくら必要なのか?

aga治療 費用
AGAは一般病院の「皮膚科」や「内科」、そして薄毛治療を専門とする「AGAクリニック」で治療を受けられます。

そこで気になるのは、「治療費はいくらかかるだろう?」といったことではないでしょうか。AGA治療は、美容整形と同じ分類となり、健康保険は適応されません。そのため、料金は病院ごとに設定されています。

しかしある程度、費用の目安はあります。こちらの記事では、各病院のホームページを調査し、平均的な費用をまとめました。病院選びの際の参考にしてください。

一般的なAGA治療と、その費用

AGAの治療にはいくつか種類があります。その中で最も一般的なものが「内服薬(プロペシア)」による治療です。この治療では、薄毛の進行(抜け毛)を止められます。

薄毛の進行が始まったばかりで、まだ症状の軽い方であれば、この治療で良いでしょう。この場合の治療費は、「一般病院」「AGAクリニック」ともに月々7,000〜9,000円が相場です。

プロペシアの主成分となるフィナステリドは、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す”5αリダクターゼ”の働きを抑制します。

発毛が目的ならばAGAクリニック

すでに薄毛状態が進行していて、抜け毛の抑制だけでは満足できない(発毛させたい)という場合は、上記のプロペシアによる抜け毛抑制に加え、発毛治療が必要です。

発毛治療を希望される場合は、一般病院(内科・皮膚科)では対応していないところが多いため、AGAクリニックを受診されることをおすすめします。

AGAクリニックであれば、「薄毛・発毛を専門とする医師による診察」や、「血液検査」など、より詳しい診断が受けられます。そして、その人の症状にあわせた治療法・治療薬を提案してもらえます。

発毛治療に関しては、次の章で詳しくご説明します。

■一般病院とAGAクリニック比較(1ヶ月あたりの費用)

 一般病院AGAクリニック
抜け毛を止める治療7,000〜9,000円7,000〜9,000円
発毛させる治療未対応18,000〜30,000円

発毛治療の種類と、費用の目安

ひとことに発毛治療といっても、以下のようにいくつか種類があります。

  • ミノキシジル(外用薬)
  • ミノキシジル(内服薬)
  • 育毛メソセラピー
  • HARG療法
  • グロースファクター再生療法

一般的には、ミノキシジル(外用薬)を頭に塗るものが主流となっています。

ミノキシジルは血行を促進させ、髪の成長に必要な栄養を頭皮へと届けます。日本皮膚科学会のガイドラインでも「AGA治療において強く勧められる」とされています。

ミノキシジルに関しては、プロペシアと違い薬局でのに購入も可能です。ミノキシジルは成分名であり、店頭では「リアップ」という商品名です。

リアップにもいくつか種類があり、クリニックと同等のものでは「リアップX5プラス」があります。リアップは医薬品のため、ほとんどの薬局で定価販売(税込7,611円)が基本となっています。

AGAクリニックの場合は、先に紹介しましたプロペシアと合わせて、18,000〜30,000円が相場です。

より高い効果が期待される、頭皮への直接注入

より早く、高い効果を求めるのであれば、「育毛メソセラピー」や「HARG療法」「グロースファクター再生療法」といった手段もあります。これらは頭皮に直接注射をすることで、髪に必要な「成長因子」や「栄養成分」をじかに届けます。

発毛効果は高いとされる反面、費用もそれなりに高くなります。あとは、治療する範囲によって料金は異なります。平均すると1回あたり60,000円〜が目安です。

痛くないの?

注射と聞くと”痛みがともなうのでは?”と思われるかもしれませんが安心してください。現在は、「頭部を冷却する方法」や、「極細の針を使う方法」など、ほとんど痛みを感じずに施術ができるような技術が採用されています。

育毛メソセラピーやHARG療法について詳しくはこちらの記事をどうぞ。
HARG療法と育毛メソセラピーの違いは何?

■発毛治療の費用目安

 費用の目安
プロペシア&ミノキシジル20,000〜30,000円/一ヶ月
育毛メソセラピー
HARG療法
グロースファクター再生療法
60,000円〜/1回

治療費を安くする方法はないのか?

AGAは継続的に治療を続ける必要が有るため、できるだけ費用を安くおさえたいものです。そこで治療費を安くする方法として、以下の2つがよく話題にあげられます。

  • ジェネリック医薬品を使う
  • 個人輸入で海外から薬を取り寄せる

まず1つは、ジェネリック医薬品を使用することです。プロペシアの場合、「ファイザー」「サワイ」「クラシエ」「フィンペシア」「エフペシア」といったジェネリック医薬品があります。

これらはプロペシアに比べて、「2~3割りほど安い価格」に設定されていることが多いです。クリニックごとに取り扱っているジェネリック医薬品は違いますので、確認してみてください。

そしてもう一つは、海外から個人輸入で取り寄せる方法です。国内よりも安く手に入るといったメリットがありますが、その反面デメリットがあることも知っておく必要があるでしょう。

■個人輸入によるデメリット

  • 自分に適している薬か判断が難しい
  • 粗悪品や、最悪偽物が届くリスクがある
  • 副作用がでてしまった時の対応

これらのリスクをとっても、費用をおさえたいと思うのであれば止めませんが、個人的にはおすすめしません。

どうしてもというのであれば、一度専門医に相談してみてからにしましょう。最近のAGAクリニックでは「無料カウンセリング」をしているところが多いです。

現在の自分の状況を客観的に診てもらえ、正確な判断ができることでしょう。

横浜近辺で「無料カウンセリング」のあるAGAクリニック

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。