1. AGAは横浜の病院で|実績と評判の良いクリニック5選
  2. AGAに関するコラム
  3. ≫30代はとくに注意!?加齢と薄毛の関係性を解説

30代はとくに注意!?加齢と薄毛の関係性を解説

30代はまだまだ若いし薄毛(AGA)なんて自分には関係ない。そう思っていませんか?

AGAは進行形の症状のため、薄くなってからでは治療が大変です。若いうちからしっかりとケアしておくことが大切です。

今回は加齢と薄毛の関係についてお話します。特にAGAが発症しやすい30代の方には読んでもらえると嬉しいです。

加齢により薄毛になるのはしかたないこと?

誰しも加齢の影響で毛髪の力は、大なり小なり弱まっていきます。これはしかたのないことです。

毛が細くなり、髪の力強さが失われ、根元から髪が立ち上がらなくなってきます。そして全体的にボリュームが少ない印象になったり、地肌が目立つようになっていきます。

加齢にともなう薄毛の原因は、女性ホルモンの減少、皮脂やコラーゲンの分泌量の低下、頭皮の保湿が弱まるなどさまざまです。

さらに頭皮の新陳代謝が活発におこなわれなくなり、毛根へ栄養が十分に行き渡らなくなると、髪の毛が細く弱々しくなっていったり、抜け毛が増えていきます。

新しい髪の毛の生産が追いつかなくなっていくため、髪の毛がさらに少なくなってしまいます。

薄毛の症状は様々ありますが、おでこから徐々に薄毛が進行していくタイプや頭頂部から薄毛が広がっていくタイプが代表的です。その他にも部分的に脱毛が起こる円形脱毛症も薄毛の一つです。

30代が薄毛になりやすい理由は他にもある

年を重ねるごとに、肉体の代謝能力が落ちるだけでなく、ストレスや偏った食生活、喫煙、睡眠不足、紫外線、不摂生や間違った対処方法によってさらに深刻な状態へと加速していきます。

ここでは30代で薄毛になってしまった人の生活習慣や仕事状況についていくつかご紹介します。もし自分もそれにあてはまっているようでしたら注意が必要です。

  • 30代になり会社でもそれなりに責任感をともなう役職についた。上司と部下との板挟みに悩むようになりストレスをかかえている。
  • 食事をコンビニ弁当やインスタント食品だけで済ましている。
  • ちょっとくらい睡眠が不規則になっても体力的に平気ということで徹夜する。
  • 2、3日風呂に入らないことがある。風呂に入ったりシャワーを浴びても頭は洗わない。入浴後、髪の毛を乾かさないで濡れたままにしておく。
髪の毛を洗うということに関して、毛先だけをシャンプーで洗って高いコンディショナーを使っているという人もいますが、毛根の汚れは残ったままですのでせっかくのヘアケアが全く意味がありません。

このような、普段の生活習慣から徐々に髪の毛が薄くなっていき、40代、50代になってから「お父さん、最近髪の毛薄くなってきたね」と家族に言われて初めて気がつくということがないようにしましょう。

加齢とともに髪の毛の力は弱まっていくので、将来頭髪のことで悩みたくないという方は30代のうちからしっかりと正しいケアをおこないましょう。

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。