1. AGAは横浜の病院で|実績と評判の良いクリニック5選

聖心毛髪再生外来 横浜院の特徴・治療内容・料金・評判口コミ

聖心毛髪再生外来 横浜院の特徴は、男性のためのAGA治療と女性のための薄毛治療を行っており、老若男女を問わず、髪の悩みを解決することができます。

医療行為による薄毛治療であるため、育毛サロンなどとは異なり、確実な育毛効果と発毛効果が得られます。

治療内容

聖心毛髪再生外来 横浜院の主な治療内容は、内服薬や外服薬による継続的治療や、自毛植毛などです。

最先端の再生医療に基づく育毛治療や発毛治療も行っており、一人ひとりの症状に合った最適な治療が受けられます。

治療内容についてはカウンセリングの際に医師がわかりやすく説明してくれますので、医師と相談のうえ、希望する治療法でAGA治療や薄毛治療をすることができます。

料金

聖心毛髪再生外来 横浜院の料金については、治療内容によって違ってきます。AGA治療薬による薬物療法の料金は1ヶ月10,000円程度で、育毛治療の場合だと1ヶ月6,000円程度です。

再生療法の料金は1回80,000円程度で、数回の施術を受けた時の料金は500000円から700000円程度になります。

自毛植毛は移植する量によって異なり、500,000円から1,000,000円程度の費用がかかります。

評判口コミ

聖心毛髪再生外来 横浜院の評判や口コミは、再生医療を高く評価している口コミが多く、大勢の人が発毛を体感しています。

初めて再生医療を受ける人は不安を感じることが多いですが、医師やスタッフは優しく接してくれるので安心して治療が受けられるという感想が寄せられています。

口コミの内容が良いので評判も上々で、患者数も一貫して増加しています。


他院と比較した時の聖心毛髪再生外来 横浜院の強みは、再生医療の医療水準が非常に高いことです。

再生医療の水準が高いため、再生医療で薄毛治療や発毛治療をしたい人には、聖心毛髪再生外来 横浜院がお勧めできます。

他院と比較した時の聖心毛髪再生外来 横浜院の弱みは、人気の高いクリニックであるため、時間帯によっては予約が取りにくいことです。

シェアをお願いします。


横浜中央クリニックの特徴・治療内容・料金・評判や口コミまとめ

横浜中央クリニックは薄毛やAGA治療を専門的に受けられるのが特徴のクリニックです。
このクリニックでは男性だけでなく、女性の薄毛治療を行っていることも特徴となります。

治療内容

横浜中央クリニックでの薄毛の治療内容は、まず、AGA専用の内服薬であるプロペシアやそのジェネリック、育毛促進剤の塗るタイプのミノキシジル、飲む発毛剤のミノキシジルタブレット、女性用のパントガールなど、種類豊富な薬を処方出来ます。

それから、光を照射して毛母細胞の発達を促進する「LEDライトセラピー」や、患者さん自身の成長因子を使う「PRP毛髪再生療法」、毛髪再生医療の「HARG療法」などの最先端の発毛治療が行えるという特徴もあります。

料金

横浜中央クリニックで薄毛治療を受ける時の料金は、プロペシアの処方だけなら診察料無しで1カ月分(28錠)を6,800円で買うことが出来、3カ月分を処方してもらうと18,000円とお得に購入出来ることがメリットになります。

塗るタイプのミノキシジルはこのクリニックでは1カ月分が4,200円なので、プロペシアとミノキシジルの併用で治療をするなら1カ月あたり11,000円ほどの料金になるため、比較的通いやすいと言えるでしょう。

一方、HARG療法は頭部の3分の1を1回施術してもらう料金が80,000円ですが、HARG療法を受けられる他のクリニックよりは安めの料金設定なので、HARG療法を検討している場合はこのクリニックが良いかもしれません。

評判口コミ

横浜中央クリニックの口コミは、プロペシアの処方を受ける時に診察料がかからないことや、男性が薄毛治療を受ける時に男性の医師やカウンセラーが対応することが良い評判を得ています。
また、HARG療法を痛みが少ない方法で受けられることも高く評価している人がいます。


最後に横浜中央クリニックを他のクリニックと比較した時の強みは、HARG療法の認定施設であることや、プロペシア以外にも様々な薄毛治療の薬やシャンプーなどが利用出来るといった点が魅力になります。

弱みとしては植毛手術を扱っていない点ですが、通常の治療で薄毛が治るなら必要ない手術なので特に問題は無いと言えるでしょう。

シェアをお願いします。


ヨコ美クリニックの特徴・治療内容・料金・評判や口コミまとめ

薄毛で悩む男性が多い日本には、薄毛治療を行っている専門クリニックが数多くあります。

日本人男性の薄毛のタイプで多いのが、男性型脱毛症です。最近では、AGAと呼ばれることが多い男性型脱毛症は、様々な原因により発症します。

髪の生え際や頭頂部が徐々に薄くなる男性型脱毛症は、進行性の脱毛症です。

ですから、抜け毛が増えてきて男性型脱毛症の疑いが出てきたら、なるべく早く専門クリニックで検査をした方がいいのです。

そして、検査の結果、男性型脱毛症だと診断されたら、なるべく早く治療を開始することが大事です。

専門クリニックには、様々な脱毛症の治療方法があります。最も多いのが、薬物治療です。

薬物治療では、外用薬や内服薬を用いて治療を行います。以前は、外用薬による治療が多かったのですが、ここ数年で内服薬での治療を希望する患者も増えています。

また、医療技術の進歩により、自毛植毛という治療方法も脚光を浴びています。

自毛植毛は、自分の健康な髪の毛を脱毛症状が出ている部分に移植する治療方法です。

自毛植毛は、他の治療方法に比べて効果が高く、カツラと違って仕上がりが自然なため、とても人気があります。

自毛植毛を行っている専門クリニックの中で、実績があり信頼できるクリニックとして評価が高いのが、ヨコ美クリニックです。

ヨコ美クリニックは、植毛技術のレベルが高く、料金がお手頃なのが特徴です。

また、アフターケアも万全なので、口コミサイトでの評判も高いです。

他の専門クリニックと比べて、クリニックを開設してからの歴史が長く、豊富な治療実績があります。

ヨコ美クリニックの院長は、多くの医学論文を発表し、アメリカ毛髪外科専門医制度において、日本人初となる認定を受けています。

専門クリニックの中には、強みよりも弱みが多いクリニックもあります。

しかし、ヨコ美クリニックは、強みが多いため、口コミサイトでも良い評価が多いのです。

手術費用については、株数が費用のベースになります。費用について心配な人は、無料カウンセリングを利用して相談することができます。

シェアをお願いします。


AGAスキンクリニック横浜院の特徴・治療内容・料金・評判や口コミまとめ

「それ、AGAじゃない?」で始まるCMをご覧になった方も多いはずです。

独特な雰囲気を放つシンガーソングライター・Gacktが、画面に向かって語りかけます

CMでは、男性型脱毛症は病気であることや、なんの対策もしていない方が55%いる事実を告げ、専門クリニックでの治療という選択肢を提示しています。

そんな気になるCMを放送している「AGAスキンクリニック横浜院」の評判が急上昇しています。

■特徴

AGAスキンクリニックの特徴として、全国に40医院のネットワークを構築し、地域の隔たりなく利用しやすいこと。

そして駅前や駐車場を用意する立地環境の良さ。完全予約制でプライバシー徹底厳守、日中忙しいビジネスパーソンにも嬉しい夜9時まで診察対応していることがあげられます。

■料金について

最大の特徴といえるのが、初回料金4200円~2回目以降は7000円でプロペシアやジェネリック薬品のフィナステリドを処方してもらえることです。

AGA 治療では何かとお金がかかるので、サプリメントや市販育毛剤や養毛剤で対策する方が多いですが、この価格なら懐事情が厳しい方でも治療を受けられます。

■評判や口コミ

では、具体的な治療実績は、どうなのかというと評判や口コミに違わず、高くなっています。

AGAスキンクリニックでは、すべての患者に月ごとのアンケートを行っており、数値と治療効果を実感した方を総合すると、3ヶ月~4ヶ月目までは発毛実感率が78%、半年になると99.4%も実感するなど、高い実績を示しています。

■治療内容

治療では、遺伝子検査やプロペシアやフィナステリドの処方を中心に行いますが、AGAスキンクリニックオリジナル発毛薬「Rebirth」を使った治療やAGA幹細胞再生治療までに対応しており、まさにAGA治療のプロフェッショナルといえます。

■AGAスキンクリニックの強みと弱み

AGAスキンクリニックには若い頃からAGAに悩んでいた勤務医がおり、自身が実践した治療方法を施していることに説得力があり、強みとなっています。

弱みがあるとするなら、オリジナル治療薬など効果の高い治療ほど、料金が高くなることでしょうか。しかしこれは他のクリニックでも同じことがいえます。

シェアをお願いします。


AGA治療の費用はいくらかかる?治療法別に料金の目安を調べました

AGA治療はいくつかの方法がありますが、治療法別に費用を比べてみたことはあるでしょうか。

基本的にはすべて全額負担で行われるので一般的な医療機関にかかるよりも高くなってしまうことが考えられます。

そのため、あらかじめ把握しておくことで、いざ自分が治療を受ける際の参考になります。知っておくことをおすすめします。

投薬治療の費用

まず、最も一般的な投薬治療としては、フィナステリドやミノキシジルなどの発毛薬が処方されるものでうす。

投薬治療のみの場合は7000~9000円ほどとされており、クリニックによって独自の配合などで処方される場合は3万ほどするところもあるようです。

育毛メソセラピーの費用

育毛メソセラピーは、フィナステリドやミノキシジルなどの有効成分を直接頭皮に注入していく方法で、高い薄毛改善効果が期待できます。

施術1回の費用は1万5000~3万とされていますが、麻酔を使用する場合にはもう費用が少し高くなる場合があります。

HARG療法の費用

HARG療法は、頭皮に直接注入するという点では育毛メソセラピーと同じです。

しかし、有効成分ではなく、幹細胞から抽出した細胞成長因子を注入するところで、育毛メソセラピーと違います。

1回の施術で8~15万とされていますが、ほとんどの場合、数回注入することを前提としているので、3回コースや6回コースなどを選ぶことで、1回あたりの施術費用が通常よりも安くすることが可能です。

自毛植毛の費用

最後に自毛植毛です。こちらも発毛率が高いAGA治療の一つとされており、自分の健康な髪の毛を薄毛が進行している部位に移植していくという方法です。

施術にかかる費用は基本手術費と移植本数によって換算されます。そのため、薄毛の進行状態が深刻であればあるほど、費用も高くなっていきます。

目安としては60~230万と幅広いのが特徴です。


このように治療法によって費用も変わってきます。ですから施術を実際に受けるときは、どんな方法が自分に適しているのかよく検討した上で施術を受けるようにしましょう。

シェアをお願いします。


AGA治療にかかる費用の目安!月々いくら必要なのか?

aga治療 費用
AGAは一般病院の「皮膚科」や「内科」、そして薄毛治療を専門とする「AGAクリニック」で治療を受けられます。

そこで気になるのは、「治療費はいくらかかるだろう?」といったことではないでしょうか。AGA治療は、美容整形と同じ分類となり、健康保険は適応されません。そのため、料金は病院ごとに設定されています。

しかしある程度、費用の目安はあります。こちらの記事では、各病院のホームページを調査し、平均的な費用をまとめました。病院選びの際の参考にしてください。

一般的なAGA治療と、その費用

AGAの治療にはいくつか種類があります。その中で最も一般的なものが「内服薬(プロペシア)」による治療です。この治療では、薄毛の進行(抜け毛)を止められます。

薄毛の進行が始まったばかりで、まだ症状の軽い方であれば、この治療で良いでしょう。この場合の治療費は、「一般病院」「AGAクリニック」ともに月々7,000〜9,000円が相場です。

プロペシアの主成分となるフィナステリドは、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す”5αリダクターゼ”の働きを抑制します。

発毛が目的ならばAGAクリニック

すでに薄毛状態が進行していて、抜け毛の抑制だけでは満足できない(発毛させたい)という場合は、上記のプロペシアによる抜け毛抑制に加え、発毛治療が必要です。

発毛治療を希望される場合は、一般病院(内科・皮膚科)では対応していないところが多いため、AGAクリニックを受診されることをおすすめします。

AGAクリニックであれば、「薄毛・発毛を専門とする医師による診察」や、「血液検査」など、より詳しい診断が受けられます。そして、その人の症状にあわせた治療法・治療薬を提案してもらえます。

発毛治療に関しては、次の章で詳しくご説明します。

■一般病院とAGAクリニック比較(1ヶ月あたりの費用)

 一般病院AGAクリニック
抜け毛を止める治療7,000〜9,000円7,000〜9,000円
発毛させる治療未対応18,000〜30,000円

発毛治療の種類と、費用の目安

ひとことに発毛治療といっても、以下のようにいくつか種類があります。

  • ミノキシジル(外用薬)
  • ミノキシジル(内服薬)
  • 育毛メソセラピー
  • HARG療法
  • グロースファクター再生療法

一般的には、ミノキシジル(外用薬)を頭に塗るものが主流となっています。

ミノキシジルは血行を促進させ、髪の成長に必要な栄養を頭皮へと届けます。日本皮膚科学会のガイドラインでも「AGA治療において強く勧められる」とされています。

ミノキシジルに関しては、プロペシアと違い薬局でのに購入も可能です。ミノキシジルは成分名であり、店頭では「リアップ」という商品名です。

リアップにもいくつか種類があり、クリニックと同等のものでは「リアップX5プラス」があります。リアップは医薬品のため、ほとんどの薬局で定価販売(税込7,611円)が基本となっています。

AGAクリニックの場合は、先に紹介しましたプロペシアと合わせて、18,000〜30,000円が相場です。

より高い効果が期待される、頭皮への直接注入

より早く、高い効果を求めるのであれば、「育毛メソセラピー」や「HARG療法」「グロースファクター再生療法」といった手段もあります。これらは頭皮に直接注射をすることで、髪に必要な「成長因子」や「栄養成分」をじかに届けます。

発毛効果は高いとされる反面、費用もそれなりに高くなります。あとは、治療する範囲によって料金は異なります。平均すると1回あたり60,000円〜が目安です。

痛くないの?

注射と聞くと”痛みがともなうのでは?”と思われるかもしれませんが安心してください。現在は、「頭部を冷却する方法」や、「極細の針を使う方法」など、ほとんど痛みを感じずに施術ができるような技術が採用されています。

育毛メソセラピーやHARG療法について詳しくはこちらの記事をどうぞ。
HARG療法と育毛メソセラピーの違いは何?

■発毛治療の費用目安

 費用の目安
プロペシア&ミノキシジル20,000〜30,000円/一ヶ月
育毛メソセラピー
HARG療法
グロースファクター再生療法
60,000円〜/1回

治療費を安くする方法はないのか?

AGAは継続的に治療を続ける必要が有るため、できるだけ費用を安くおさえたいものです。そこで治療費を安くする方法として、以下の2つがよく話題にあげられます。

  • ジェネリック医薬品を使う
  • 個人輸入で海外から薬を取り寄せる

まず1つは、ジェネリック医薬品を使用することです。プロペシアの場合、「ファイザー」「サワイ」「クラシエ」「フィンペシア」「エフペシア」といったジェネリック医薬品があります。

これらはプロペシアに比べて、「2~3割りほど安い価格」に設定されていることが多いです。クリニックごとに取り扱っているジェネリック医薬品は違いますので、確認してみてください。

そしてもう一つは、海外から個人輸入で取り寄せる方法です。国内よりも安く手に入るといったメリットがありますが、その反面デメリットがあることも知っておく必要があるでしょう。

■個人輸入によるデメリット

  • 自分に適している薬か判断が難しい
  • 粗悪品や、最悪偽物が届くリスクがある
  • 副作用がでてしまった時の対応

これらのリスクをとっても、費用をおさえたいと思うのであれば止めませんが、個人的にはおすすめしません。

どうしてもというのであれば、一度専門医に相談してみてからにしましょう。最近のAGAクリニックでは「無料カウンセリング」をしているところが多いです。

現在の自分の状況を客観的に診てもらえ、正確な判断ができることでしょう。

横浜近辺で「無料カウンセリング」のあるAGAクリニック

シェアをお願いします。


ハゲの進行度合い別!最新治療法3選

薄毛や抜け毛といったハゲの問題は時に深刻なものです。誰しも治るのであれば治療したいと考えます。

しかし、自分にはいったいどんな治療が合っているのか?それを理解されている方は少ないようです。

薄毛や抜け毛の治療は、その進行具合によって対処方法が異なります。そこで今回は現在の薄毛状況にあわせた最新の治療方法をご紹介します。

ハゲに悩まれている方の参考になればと思います。

1.抜け毛が増えてきて、薄毛が気になりだした人

まず、最近、抜け毛が増えて薄毛が気になりだした人の場合ですが、これは早期発見早期治療であると言え、重症ではありません。

そのため、生活習慣の改善や、良い食事を摂るなどを心掛けるだけで改善する場合があります。

それでも、気になる場合は薄毛治療の専門機関を利用し、生活指導を受けると良いでしょう。

2.以前よりもあきらかに髪が薄くなっている人

昔にくらべ明らかに髪の毛が薄くなり、現在もそれが進行している。

そういった方の場合は、生活習慣の改善に加え、プロペシアやフィンペシアといったAGA治療薬を処方してもらいましょう。

原因を食い止め、育毛していく必要があります。AGAの薬は薄毛治療の専門機関だけでなく、一般病院(皮膚科等)でも処方してもらえるので、気になる場合はできるだけ早く受診することをおすすめします。

ただし一般病院の場合は、医師が薄毛治療専門でない場合が多いため、詳しい診察を受けたいのであれば薄毛治療専門のクリニックにいきましょう。

3.頭皮の2/3以上ハゲが進行している場合

もしも現状が、サザエさんに出てくる波平さんレベルまで進行している場合は、最新の治療法である自毛植毛を利用することがおすすめします。

最新の植毛技術は、自分の髪の毛が濃く残る後頭部から少ない部分に移植して、その部分から自毛を生えるようにするという技術があります。

しかも、この技術を利用すれば、半永久的にその部分の薄毛で悩むことがなくなると言われています。

また、移植する際の傷はほとんど残らず、痛みもないのがこの技術のすごいところであると言えます。

しかし、優れた技術であるがゆえに、一度に植毛すると、急に髪の毛が増えたようにな見えるため不自然な印象を持たれることもあるため、少しずつ植毛していく必要があります。


いかがだったでしょうか?これら薄毛治療は日々成長しており、たとえハゲになったとしても、様々な手立てがあります。

そのため、ハゲになったからと言って悲観する必要はなく、それぞれの段階に合わせた治療法を行うようにすれば心配することもなくなります。

さらにこちらの記事では薄毛の進行度合いに合わせた、おすすめのクリニックを紹介しています。よろしければご覧ください。

シェアをお願いします。


自毛植毛でよくある失敗パターン3選!リスクも考えた病院選び

定着率が高く、自然な髪の毛が生えてくる自毛植毛は、薄毛治療の中でももっとも効果的な治療法です。

ただ自毛植毛も、外科手術ですから、失敗と考えられる例もいくつかあります。

こちらの記事ではその中でも代表的な失敗パターンを3つほどご紹介します。

自毛植毛をお考えのかたの参考になれば幸いです。

1.自毛植毛したが髪が生えてこない

まず一つ目は、髪の毛が生えてこないということです。
定着率が高いといっても、必ずしも100パーセント生えてくる訳ではなく、残念ながら中には自毛植毛したが髪が生えてこなかった。というパターンも数パーセントあります。
どのようなクリニックでも、定着率90パーセント以上といった紹介をしています。この数字が100パーセントでない以上、生えないことがあり得るということを理解しておきましょう。

2.手術の傷跡が目立つ

二つ目は、手術の傷跡が目立ってしまうというパターンです。
自毛植毛には、メスを使わない方法と、メスを使う方法とに分けられます。メスを使わないFUE法では傷が残りにくいのが特徴です。

しかし、メスを使うFUT法では、縫合痕が残ってしまいます。もちろんメスを使って切開して手術を行うため、傷跡が残るからといって失敗とはいえませんが、短髪にした時に目立つ場合もあるので、事前に医師の説明をよく聞いておくことが必要です。

3.仕上がりが不自然

三つ目は、自毛植毛の出来上がりが不自然になってしまった、というパターンです。

自毛植毛は医師の経験や技術力の差が大きくあらわれる手術です。植毛する毛の方向や、自然な流れ。それを行うには高い技術力が必要とされます。

手術をしてしまったあとに後悔しないように、事前にしっかりと確認しておきましょう。

治療実績や、じっさいに受けた方の術前術後の写真が公開されているクリニックをおすすめします。


以上、3つの失敗パターンをご紹介しましたが、一方でメリットが多いのが自毛植毛です。

AGAなどの治療には、内服薬や外用薬、育毛剤、かつら、増毛などさまざまな方法がありますが、どれも継続して行う必要があり、即効性があるものではありません。
それに対して自毛植毛は、施術後の維持費やメンテナンスも不要で、唯一確実な増毛法といえます。

また自分の頭皮を移植して行うので、拒否反応もなく、周囲の髪の毛となじみやすく、仕上がりが自然であるというメリットもあります。

シェアをお願いします。


ミノキシジルとは?どんな効果がある?副作用はないのか?費用や使用期間について

医学界で唯一の発毛効果が認められ、高い発毛効果がある事で注目を集めている成分ミノキシジル。

口から服用するタブレットタイプと、頭皮に塗布して使う外用薬タイプがあります。
元々は高血圧の人の血圧を下げる為の薬として使われていました。血管を広げる作用があり、血圧を下げる働きがある成分です。
その際に、全身の毛が増える状態が現れた事により、発毛や育毛にも効果が期待できるのではないかと研究が始まりました。
そして現在では、高い効果を期待できる育毛成分として注目を集めています。

ミノキシジルの副作用

元々は血圧を下げる為の薬だった為、血圧が低い人が使うと、更に血圧が下がってしまう可能性があります。

血圧の状態によっては使うと健康に影響が出てしまう可能性もありますので、使用を考えられてる方は、まずAGA治療を行っているクリニックで、しっかりと検査を受けた上で、処方をして貰いましょう。

ミノキシジルの費用について

AGA治療を行うクリニックは高いというイメージを持つ人も多いでしょう。
髪の毛の悩みを解消する治療は、美容目的にあたる為、治療の費用は保険適用外となります。
ただ、治療費は、行う治療法によって大きく変わってきます。

効果の高いHARG療法やグロースファクター再生医療等の場合、100万円以上必要になるという事も少なくありません。

しかし、ミノキシジル等、内服薬による治療から始めるのであれば、月に1万円程度から治療を始められます。
少しでも安くミノキシジルを購入したいと考えた場合、個人輸入が良いと考える人も少なくありませんが、副作用の可能性もある薬ですのでおすすめはできません。
個人輸入よりも、体の状態までしっかりと考えた上で、薬の処方をしてくれるクリニックを選ぶほうが安心です。

ミノキシジルの治療期間について

効果があらわれうまでの期間については個人差があるため、一概には答えられません。

一般的に発毛効果を実感出来るまでには、約半年から1年が目安とされています。
ですから、治療を始めたいと考えたら、1年は継続して治療をしていく事を考えておく必要があります。

さらに薄毛治療をするにあたっては、脱毛を抑制するプロペシアも同時に併用することが多いです。プロペシアについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
プロペシアとは?効果や副作用、費用などの情報まとめ

シェアをお願いします。


プロペシアとは?効果や副作用、費用などの情報まとめました

男性の薄毛治療の際に、必ずといっていいほど用いられるプロペシア。

この薬にはいったいどんな効果があるのか、そして実際使用した場合どれくらいで効果があるのか、さらには副作用はないのか?

そのあたりのことをまとめました。これから薄毛治療をお考えの方の参考になればと思います。

プロペシアの効果

プロペシアの効果としては、男性型脱毛症の原因になっている物質、DHTの抑制作用があります。
男性型脱毛症はAGAと呼ばれ、男性の薄毛の殆どの原因になっている脱毛症ですが、根本的な原因になっているのはDHTという物質です。
このDHTには脱毛を促進させてしまう働きがあります。しかもその力は強力な為、短い期間でハゲた状態にまで進行するケースもあります。
しかしながらプロペシアを服用することで脱毛を予防することができます。この薬には脱毛の原因になっているDHTの増加を抑える働きがあります。

脱毛しずらい頭皮環境へと改善することができるのです。
有用性のある治療薬ですので広く利用され、治療の現場でも活用されています。

プロペシアの効果があらわれるまでの期間

どの程度の期間で効果が出るのかは人によって違っていますが、目安として3ヶ月から半年程度で効果を実感できることが多いようです。

抜け毛が多かったのが減ってきたり、髪の毛にハリコシを感じられるような効果が出てきます。

しかしながら効き目には個人差がありますので、1年程度の服用でようやく効果を実感できるような例もあるのです。

プロペシアの副作用について

プロペシアは効き目が高い一方で副作用もある薬です。

例えば男性機能が低下したり乳房の女性化、肝機能障害などのリスクがあると言われています。

発生確率としてはひと桁台でかなり低いですが、利用する際には注意しなければいけません。

安全面を考えれば専門の医療機関で診察を受けて処方してもらうのがよいでしょう。

プロペシアの費用について

処方薬ですから病院を利用して手に入れることになります。費用としては大体1万円程度となっています。安いところですと5,000円代で手に入るところもあります。

AGA専門クリニックと一般病院とでは、一般病院の方が料金が安くなっています。

良く言えば”安く手に入る”ということですが、薄毛治療は原因も治療方法も一人ひとりに合った最適なものを選択する必要がありますので、本気で発毛までさせたいのであれば専門クリニックを選んだ方がよいでしょう。

因みにプロペシアを安く手に入れようとした場合、個人輸入でも手に入れることができます。

その場合、病院で処方をしてもらうよりも安く済みます。ただ前述したように副作用がある薬ですので安易に使用するのはおすすめできません。

シェアをお願いします。