1. AGAは横浜の病院で|実績と評判の良いクリニック5選
  2. AGAに関するコラム
  3. ≫AGAと遺伝の関係性を解説!父方とか母方とか関係あるの?

AGAと遺伝の関係性を解説!父方とか母方とか関係あるの?

男性にとって、薄毛は大きな悩みの種です。父親や祖父が薄毛の場合、将来自分も薄くなってしまうのではと気になっている人も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の場合、遺伝子が大きく影響を与えているという研究結果が報告されています。これを聞くと父親を想像してしまいがちですが、じつは母親にも薄毛に強い影響を及ぼす遺伝子があるのです。

母方から受け継ぐアンドロゲン受容体遺伝子

AGAを簡単に説明しますと、

”男性ホルモン”が”5αリダクターゼ”という酵素により、”悪い男性ホルモン(DHT)”となり、それが毛乳頭細胞にある”アンドロゲン受容体”と結びつくことで発症。髪の成長サイクルがおかしくなる。

実はこの説明のなかに、3つの遺伝要因がでてきています。

  1. 男性ホルモン
  2. 5αリダクターゼ
  3. アンドロゲン受容体

これらがAGAに関与していると考えられるものです。そしてこの中の3.アンドロゲン受容体こそが母方から遺伝されるものなのです。

アンドロゲン受容体遺伝子を継いだかどうかは母方の祖父をチェック

では、母親が薄毛でなければ子供である男性は将来薄毛にならないのかというと、決してそうとは言い切れません。そもそも女性はホルモンの影響で男性と比べて薄毛になりにくく、薄毛になりやすいX染色体を持っていたとしても症状が目立つほど薄毛になることは稀です。

このため、薄毛につながる染色体以上があるかを判断するのは母親方の祖父を参考にすると良いでしょう。
AGAは隔世遺伝するとも言われており、もし母方の祖父が薄毛の場合は自分にも受け継がれている可能性があります。逆にある程度歳を重ねても髪が残っている場合は、薄毛染色体が無いということなのでAGAになる可能性は低くなります。

もっと確実に遺伝子を確認したい場合は、検査キットを試してみるのも良いでしょう。最近では様々な病気の検査キットがネットで手配できますが、その中には遺伝子検査ができるキットも販売されています。調査項目の中には薄毛に関するものもあるので、検査をすれば明確に知ることができます。

もし自分に薄毛遺伝子があるとわかった場合の対応

万が一自分に薄毛の染色体があったとしても、必ずしも発症するわけではありません。また、薄毛が始まる前に様々な対策をしておくことで、発症を遅らせたり症状の進行を抑えることもできるのです。家系的に薄毛の可能性が高いと自覚し、適切な処置をしておきましょう。

誰でもできる薄毛対策としては、何より頭皮にダメージを与えないことが大切です。爪を立ててゴシゴシシャンプーするのは気持ち良いですが、頭皮が傷ついたり毛根を傷めてしまって髪の毛の成長を阻害してしまいます。指の腹で優しく洗うだけでも十分汚れは落ちます。

そしてお風呂あがりには頭皮を軽くマッサージするのも良いでしょう。血流がよくなれば発毛にも繋がるので積極的に実践してみて下さい。
さらに、脂っこい食生活や睡眠不足、ストレスによっても髪の毛は抜けやすくなるので生活リズムをととのえるのも大切です。

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。