1. AGAは横浜の病院で|実績と評判の良いクリニック5選
  2. AGA治療に関する情報
  3. ≫薄毛治療に一般病院(皮膚科や内科)を選んではいけない理由

薄毛治療に一般病院(皮膚科や内科)を選んではいけない理由

髪の毛のことが気になってきたとき、自宅近くの皮膚科や内科で薄毛治療ができると知ると、とりあえずそこに受けに行ってみる。という方が多いようです。
普段から通っている病院なら安心感もありますし、そこで薄毛治療を始める人も多いはずです。
しかし、薄くなってきた髪の毛を完全に治療したいなら、皮膚科や内科などの一般病院を選んではいけません。なぜならば、その病院にいる医師は薄毛治療の専門家ではないからです。

一般病院の内科・皮膚科の医師は薄毛治療の専門家ではない

薄毛治療はいまでも常に研究がつづけられている分野です。原因や症状は一人ひとり違うものであり、お決まりのパターンというものがありません。

そのため、治療方法もその方に適したものを選ばなければなりません。

そういう点から考えると、一般病院の医師の場合、専門的な知識や経験が不足していることが多く、ほとんどの医師は診察後にプロペシアを処方。といったことしかできない現状があります。

プロペシアを処方してもらえるなら、それだけでいいのでは?

プロペシアは薄毛に効果的な薬だと言われているので、これだけで十分だと思う人もいるでしょう。
しかし、皮膚科や内科で処方されるプロペシアは、髪の毛を増やす薬ではありません。
頭皮に作用し抜け毛を減らすだけで、発毛を促進させるわけではないのです。

つまり、抜け毛は減っても髪の毛が増えてこないので、あくまでも現状を維持しているだけに過ぎません。

また、一般の皮膚科や内科で処方されるプロペシアの効果があるのは、薬を飲み続けている間だけです。
薬を飲むのをやめてしまうと、再び抜け毛が増えて薄毛も進行してしまいます。プロペシアは抜け毛を止めるのには効果的ですが、根本的な治療薬ではありません。

発毛までさせたいなら薄毛治療専門クリニックしかない

抜け毛をゼロにして髪の毛も増やしたいなら、専門のクリニックで受けられる薄毛治療しかありません。
専門のクリニックに初めて行くと、まず最初に頭皮や髪の毛の状態を詳しく検査します。
皮膚科や内科に行ったときも頭皮や髪の毛を検査されますが、専門クリニックの検査はまったく違います。
丁寧に検査を行ない薄毛の原因を見極め、症状にあった最適な治療法を選び出すための検査です。
専門クリニックでの治療法には、最先端の再生医療技術を使った高度な薄毛治療がいくつも用意されています。
それらの治療法の中には、抜け毛を減らすだけでなく発毛を促進させる治療法ももちろんあります。
そうした根本的な治療法の中から、頭皮や髪の毛の状態に適した方法を選び抜くので、専門クリニックの治療法は薄毛に対して効果が高いです。
気になり始めた頭髪も、元に戻せる可能性は高いでしょう。

横浜で薄毛治療をお考えの方はこちらの記事が参考になります。
AGA横浜おすすめ病院


検査をしても一般の病院では、プロペシアを処方して終わりです。
髪の毛が増えることはなく、全く効果が感じられない人もいます。
それなら、最初から高度な治療を受けられる専門クリニックに行き、最先端の治療で根本的に薄毛を治しましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。