1. AGAは横浜の病院で|実績と評判の良いクリニック5選
  2. AGAに関するコラム
  3. ≫ストレスでAGAになるって本当!?こんな生活してると危険

ストレスでAGAになるって本当!?こんな生活してると危険

薄毛になる年齢や抜け毛の量などは、個人によって違います。その原因も遺伝であったり生活習慣であったりと様々ですが、AGAを予防するためには、普段の生活を見直すことが重要になってきます。

またAGAになってしまったとしても生活習慣を見直すことによって薄毛を減らしたり、髪の毛を太く丈夫にしたり増やすといった改善につながる可能性がとても高いといえます。
ではどういった生活習慣が頭皮に悪影響を与えるのかというと、精神的にも肉体的にもストレスがかかっているということはAGAの原因になります。
例えば髪の毛を洗い過ぎていたり、逆に洗わなかったりすると毛根に非常に大きなストレスを与えます。頭皮を常に清潔に保つことが毛根を元気に保つためにはとても大切です。

もちろん洗いすぎや爪を立ての洗髪は頭皮を傷つける原因になりますし、必要な油分まで洗い流してしまうことになりますので注意しなければなりません。

また髪が濡れたままの状態が長く続くと雑菌などが繁殖してしまいますので、髪が濡れたらしっかりと乾かすことも重要です。
外部だけでなく身体の内側からの影響もとても大きなものがあります。
日常的にストレスを感じていると、筋肉が収縮したりするので血流が悪くなります。そうなると毛根に十分な栄養が行き渡らなくなるので、抜け毛や毛が細くなるといったAGAの原因の一つとして考えられるからです。
それと同じで日常的に栄養不足であったり、アルコールやたばこの量が多いのもよくありません。
髪の毛を作るためには、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどが必要です。タンパク質は髪の毛を作るためには欠かせませんし、頭皮の活発な代謝を促すためにはビタミン類やミネラルが必要なのです。
ですから煙草やアルコールなどによって血管が収縮してしまうなどで血流が悪くなれば髪の毛まで栄養が届かなくなりますし、血液がドロドロになり薄毛や抜け毛だけでなく様々な悪影響を身体に与えてしまいます。
AGAは生活習慣病と同じで日頃からのケアが重要です。
バランスの良い食事を心がけて、適度な運動をすること、自分なりのストレス発散方法を見つけることが予防と改善につながります。
そして頭皮をいつも清潔に保つようにすることが何よりも重要です。
また病院で診察してもらうことによって、薬を処方してもらえば十分に改善することができますので、薄毛や抜け毛で悩んでいるのならば早めのケアが大切になります。

 

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。